Ichiぬけた!

転職体験談とセミリタイア目指すあれやこれや

転職は成功?失敗?実際に転職してみて感じたギャップとかリスク【30代転職】

転職は環境を変えることで仕事の不満を改善したり、やりたいことを仕事にする手段です。

そして自分の転職は成功したかというと、即答できない状態です。。

前職の不満は改善されましたが、想定外の悩みや新たなる苦悩もあり、、詳しく書いていきたいと思います。

 

転職するに辺り、前職の不満を挙げましたが、それらは概ね改善されました。

 

tauecompany.hatenablog.com

 

 

ただ、こんなはずじゃなかったと思うこともあります。

 

こんなはずじゃなかったその①  人間関係

職場に慣れるのが大変です。これは個人の性格に大きく関係していますが、作者は人見知りなので、かなり辛いです。

前職では長い間、働いて築いた人間関係がありましたが、現職では一切ありません。信頼を得るには時間や実績が必要で、やっぱり耐える時間が必要ですね。

無くして初めて分かる、なんとかってやつですね。。

転職では同期が居ないから辛いと言いますが、仲の良い同僚が居ないのも結構辛いですね。

 

こんなはずじゃなかったその②  社風

会社によって社風って全然違うんだなっていうのが率直な感想です。前職はかなりフランクな職場で、仕事中もお菓子を食べながら冗談言ったりとかがあったんですが、今は皆、黙々と仕事をしており、上司との距離も遠く感じます。

また前職はボトムアップでしたが、現在はトップダウンです。これは転職前から想定していましたが、実際に体験してみると、このギャップに結構苦しみます。

なんとかなるだろーと思っており、なんとかはなるのですが、結構しんどい。

 

こんなはずじゃなかったその③  仕事内容

求人票からイメージしていた仕事と違う!

求人に書かれていたキーワードをベースに前職の知識でこんな仕事だろうと想像していました。その想像が正しいか、面接でしっかり確認しましょう。

開発とか設計とかはエンジニアの共通言語ですが、その定義は会社によって微妙に違います。。また所属部署の名前に開発とついていても、業務内容が本当に開発かは怪しいです。

そんなこんなで面接でこの辺りはよく確認しましょう。

 

こんなはずじゃなかったその④  自分の立場

長く働くと自分の立場が自然と作られています。新卒で入ったとなると尚更です。

今までの頑張りは何処かで誰かが認めてくれていて、そういったことが自分の立場を知らないうちに作っています。

例えば「若い割に発言権がある」とか、「困った時にアドバイスを求められる」とか、そんな経験思い起こしてみるとないでしょうか!?

そう言ったことが一切なくなるのは、少し寂しく思います。

発言の重みと言いますか、全ての意見を根拠と共に示すことが出来れば人を説得しやすいのですが、開発業務では全てを定量化できる訳ではありません。そんな時、「誰が言ったか」が見られています。それまでの自分の頑張りが気づかないところで役に立っていたのかもしれません。

 

以上!後悔多めの内容でしたが、転職は結構なリスクもあるということを分かって頂きたく、記載しました。ご参考までに!